当サイトの目的

"Purpose of site"

"取引所に預けている仮想通貨は、取引所のものではなく、利用者のものであるはずです。"

当サイトは、ハードフォークに際して、取引所ごとに、フォークコインを付与するかどうかの扱いが異なる、という現状に違和感を感じている方々を対象に、これに対し、法的に付与をもとめる訴訟が存在することをお伝えするためのサイトです。
取引所に預けている仮想通貨は、取引所のものではなく、利用者のものであるはずです。

しかし、現状では、

・取引所が付与するかどうかを判断する
・付与の方法(フォークコインを付与するか、相当額を支払うか、何もしないか)も取引所が判断する

ということになっています。

このような取り扱いが許される法的根拠はどこにもありません。
ブロックチェーンというものの性質上、ハードフォークが起きる可能性は常にあります。そして、事実として、ブロックチェーンと直接繋がっている取引所のアドレスには、フォークコインが付与されています。
取引所が付与しないという判断をした場合には、そのフォークコインは取引所のものになり、取引所がそれを使って自由に運用し、利益を上げてよいことになります。
付与するというタイミングが、相当期間を過ぎるのであれば、その期間においても、利用者が返還を求めることができないのに、取引所はその期間、運用益をあげることができます。付与の有無を取引所が判断するという、現在の運用は、どう考えても不健全であろうと考えられます。 当弁護団は、以上のような問題認識を持った原告団からの依頼を受け、本サイトを立ち上げました。

  仮想通貨、ブロックチェーンという技術は、大きな可能性を秘めています。
国内取引所に限っても100万人以上の利用者を有する取引所が生まれており、その期待の大きさを窺い知ることができるとともに、「取引所」という存在が、仮想通貨の世界において大きな力を持つに至っています。
しかし、取引所が、利用者に対して公平かつ適切な仕組みを提供できないとすれば、仮想通貨全体にとっても、非常に大きな問題です。

ハードフォークの問題は、仮想通貨取引の現状を浮き彫りにしているとも言えます。すなわち、仮想通貨に関する深い知識とノウハウを有し、圧倒的多数の利用者を抱える取引所が、知識、ノウハウを持たない利用者に対し、真摯に向き合っているのか、という疑問です。
仮想通貨が健全に発展していくためには、取引所に対して、適切なルールが必要であり、それはまずもって、私法取引所のルールを意味するはずです。
我々としては、より多くの利用者の方に、ルール作りにご参加頂けるよう、本サイトを公開させて頂いた次第です。

※訴訟に参加される場合はトップページにある「コイン返還チェック」から参加手続きに進むことが出来ます。