ハードフォークとは

"About hardfork"

 フォークはもともとソフトウェア開発関係の用語であり、ハードフォークは後方互換性・前方互換性のないアップデートのことを指していました。ただし、ブロックチェーンにおけるハードフォークは、旧バージョンで有効だったルールを新バージョンで無効とし、旧バージョンで無効だったルールを新バージョンで有効とすることを意味しています。
 ブロックチェーンには不可逆性があり、過去のチェーン内のデータを部分的に変更することは出来ません。したがって、同一系統のチェーンのみを見れば、過去のデータの改ざんは事実上不可能とされています。
 しかしこれは、全体で一つの系統のチェーンが維持された場合の性質に過ぎません。ブロックチェーンは、あるブロックに複数のブロックを繫げることによって分岐(フォーク)させることが技術上可能です。分岐の原因は、複数ノードがほぼ同時に解を見つけるといった偶発的な場合もあるし、互換性の無いバージョンアップにより新旧のソフトウェアが一時的に混在したり、悪意を持ったノードが虚偽の取引データを含むブロックを繫げるといった意図的な場合もあります。
 ブロックチェーンの構造上、この分岐の発生自体を防止することは出来ないとされています。
 ビットコインが採用しているPoW でも、意図的に複数のノードを維持し続けることは可能である。分岐が生じた場合は、最も長い(難易度の累計が大きな)チェーンをメインチェーンと見なすルールが存在しますが、メインチェーンとならなかったチェーン(サブチェーン)は消えてなくなるわけではなく、参加ノードから無視されるだけ、という形になります。
 以上のようなハードフォークは、基本的に分岐は開発コミュニティーを中心として該当ブロックチェーンの問題解決を目指すために行われますが、コミュニティー内で分裂が起こることでもハードフォークが実行されているのが現状です。一番最初で述べたように、例えば、ルールについて合意できないことがあり、ブロックチェーンにフォークが発生した場合、2つのノードが作られる。片方のノードはルールセットAのもとで有効だが、ルールセットBのもとでは無効、もう片方のノードはその逆となります。
 この場合、二つのノードは、別々のルールの下で、存続し続けることになります(下記図参照)
 これが、本サイトで、「ハードフォーク」と読んでいる現象のことになります。

※ http://gaiax-blockchain.com/hardfork-softforkから引用

 このようなハードフォークが起きた場合、ビットコインを例にとれば、これまで存在していた通貨はビットコインだったと考えることができます。誰もが賛同していた大きくて幸福なビットコインは、フォーク後は、まるで2つの新しい通貨が生まれたかのようになります。
AコインはルールセットA、BコインはルールセットBに対応したものになる。フォークの時点で1つのビットコインを持っていた人は、全員1つのアルトコインを受け取る。そして、それからは、AコインとBコインは別々の形に発展させ続けていくといった具合です。
まとめると、ハードフォークというのは以下のような特徴を持っています。

① あらゆるブロックチェーンは、ブロックをつなげることでフォーク(分岐)をすることができてしまう、という問題がある。これをコインの側から述べると、あらゆるブロックチェーン上のコインは、ハードフォークを起こす可能性を潜在的に保有している。
② ハードフォークのうち、新たなノードを意図的に維持し続ける場合がいわゆる「ハードフォーク」である(本サイトにおいてハードフォークという場合、このハードフォークを指す)。この種のハードフォークは、現時点ですでに複数回生じており、今年中にも多くのハードフォークが予定されている。

③ ハードフォークが起きた場合、フォークが起きる以前のブロックチェーンを、旧ブロックチェーンと新ブロックチェーンは、共有している。
 そのため、一つのアドレスと秘密鍵によって、旧ブロックチェーンと新ブロックチェーンいずれにもアクセス可能な状況が生まれる。
ビットコインからビットコインキャッシュがハードフォークしたときを図示すると、以下のようになる。

 この結果、ハードフォーク時点において保有していたビットコインの数量に応じて、ビットコインキャッシュをも保有していたことになり、あたかも、コインが2枚になったかのような現状を生じる。これが、コインの分裂等と呼ばれている現象である。
④ フォーク前のコインは、新旧のコイン両方の価値を有するものだったことになり、フォーク後の2つのコインはその価値も分裂していることになるはずである。しかし、これが市場に置かれた時点では、市場の変動の影響で、必ずしも、各コインの価格は下がるとも限らない。

※訴訟に参加される場合はトップページにある「コイン返還チェック」から参加手続きに進むことが出来ます。